すきーやの休日

2018年ANAプラチナ取得。デルタAMEXでスカイチームエリートプラス。マリオットゴールド、ヒルトンダイヤモンドで楽しい休日を過ごす50代陸マイラー。

競馬中継と最近の乗馬

 こんばんは、すきーやです。

 ここのところ旅行の予定が入っていないので、週末はルーティンのような日々になっています。

 会社は週休2日制なので、土曜日に乗馬を入れて日曜日は休養日って感じです。

 

 日曜に出かけることがないと家でTVをだらだらと見たりしていますが、以前は見向きもしなかった競馬中継を嫁さんと二人して見るようになりました。馬券とか買ってる訳では無いのですが、なんとなく見入ってます。

 

 今年はコントレイルが勝ったとか、デアリングタクトが勝ったとか、アーモンドアイがG1の9勝あげて勝ちきったとか、結構熱いシーズンってのもあったかもですが、普段から乗馬しているとなんとなく興味も湧くし、騎手みながら、すげー、全然身体ぶれてないとか、そんな所ばっかりみています。

 

 先日の乗馬で、初めての子に当たったのですが、あれ?父親に何か聞き覚えがあるぞと。


f:id:hitachibana:20201207125354j:image


f:id:hitachibana:20201208014737j:image

 

 先日の菊花賞で勝ったコントレイルが、牡馬クラシック三冠の8頭目で、7頭目がオルフェーヴルだったとやってましたね。

 その子供でしたか。

 乗馬クラブには引退した競走馬などが来ることが多いそうで、有名どころでは、ディープインパクトの子とか


f:id:hitachibana:20201205185505j:image


f:id:hitachibana:20201205185515j:image

 

 キングカメハメハとか

 この辺の子はまだ乗った事はありません。


f:id:hitachibana:20201205185531j:image

 

 クロフネとかいました。


f:id:hitachibana:20201205185540j:image

 

 私では乗りこなせない様な馬はそうそう当たることはないので、なんとか乗っています。

 

 

 最近初めて乗ったのは、

 

メアリさん。

 元気なお婆ちゃんです。この時は比較的言うことを聞いてくれました。嫁さんは苦手とか言ってたかな。


f:id:hitachibana:20201207193733j:image

 

 乗馬の時はGPSトラッカーが便利です。たまに飛んだりしますが、初級馬場になると広さが3倍ぐらいになるので結構乗った感じになりますし、レッスンメンバーもそこそこ乗れる人達なので止まることも少ないですし。軌跡もかなり凄いことになってます。


f:id:hitachibana:20201207193753j:image

 

 

キャロラインレジーナさん

 サラブレッドとは違う種類だった気がします。かなり大型で乗った時も視点がいつもと違いました。

 動きも揺れも大きいね。終わってから結構ヘロヘロになりました。


f:id:hitachibana:20201207194149j:image

 

 ベーシック駈歩Aにて。

 
f:id:hitachibana:20201207193816j:image

 

 乗馬は毎週土曜日にいれてるのですが、日曜は疲れてだらだらのお休みになってしまいます。

 たまには出かけようとかするのですが、映画も大したものをやってないですし、余暇とか、アミューズメントってないと困るよねって感じです。

 

 自転車でビワイチ(琵琶湖一周)とか、浜名湖一周とか走りにいく計画を考えたりしましたが、この時期は風が強くて挫折しそうですね。きっと嫁さんがリタイアしそうなんで、春先まで保留です。

 

www.biwako1.jp

 

 そんな感じ。

 最後までお読みいただきましてありがとうございます。

GOTO北海道の旅(2020年7月)2日目 乗馬と積丹

 こんにちは。すきーやです。

 愛知県もいよいよコロナさんが本気を出してきたようです。これで暫くは遠出が厳しくなりそうですね。8月の実家への帰省も今年は無理のようです。

 

 そんな状態になる前、7月のオリンピック連休に北海道に行ったログです。

 

 1日目はこちら。

www.myholiday.site

 

 2日目です。今日は小樽で乗馬し、小樽で海鮮食べる予定です。

 

 今日の天候は微妙な感じです。途中ポツポツと小雨が降ったりなので乗馬の際に降らなければいいのですが。
f:id:hitachibana:20200802223058j:image

 

 乗馬は小樽の春香ホースランチです。

 できれば洞爺湖で乗馬したかったのですが、予約でいっぱいでしたので、小樽で予約しました。こんな道を走って乗馬クラブに到着。


f:id:hitachibana:20200802223235j:image


f:id:hitachibana:20200802223504j:image

 立地的にここは走り回るというより、山歩きがメインですね。

 目的地はこの山頂です。
f:id:hitachibana:20200802230059j:image

 行ってUターンして、山頂に着いたらUターンしてというコースはさすがに微妙で、それも歩きっぱなし(全く走らなかった)だとかなり消化不良でした。

 山頂に着いたタイミングで雨も降り出し、景色もなにも見れずでしたし。


f:id:hitachibana:20200802230011j:image

 

 

 最初行こうとしたレイクトーヤランチ

maps.app.goo.gl

 
 今回利用した小樽にある春香ホースランチ

maps.app.goo.gl

 

 お昼がまだなので、乗馬クラブのオーナさんに近くのお店を聞いたりしていると、時間がああるなら今の時期は積丹の雲丹を食べるのをお勧めされました。

 ちょっと時間的に間に合うか難しかったのですが、行くことにしました。


f:id:hitachibana:20200804081340j:image

 

 しかーし、何件かチェックしたお店は、クローズ、お昼休み中とか、並んでいる人が多いので、一旦終了し17時30分~受付開始とか、見事に振られまくりました。

 最終的に神威岬まで行ってダメなら17時30分からお店に並ぶつもりで行きました。

 

 

食堂うしお

 

 神威岬のラストのお店。営業時間は17時までで、着いたのが16時40分ぐらいでしたが、オッケーでした。


f:id:hitachibana:20200803013326j:image


f:id:hitachibana:20200803013608j:image

f:id:hitachibana:20200803013345j:image

 

 通常のメニュー以外にばふんうに専用メニューがありました。

 安くないですが、折角ここまで来たのでばふんうにを食べることに。


f:id:hitachibana:20200803013408j:image

 

 嫁さんは、ばふんうに丼
f:id:hitachibana:20200803013422j:image

 

 私は、ハーフ&ハーフの大盛で。
f:id:hitachibana:20200803013435j:image

 

 盛りが半端ない!!

 

 ばふんうには甘い!

 

 むらさきうには雲丹っぽい!

 

 個人的にはハーフ&ハーフにして違いが味わえて良かったです。

 

 確かにばふんうには甘くて、これぞうにの王様!って感じでしたが、うに独特の浜っぽさがむらさきうにの方が感じました。


f:id:hitachibana:20200803013449j:image

 

 他にお造りと、イクラ(写真忘れました)も別注しました。


f:id:hitachibana:20200803013501j:image

 

 最後にWうにいくら丼にして食べたのが至福でした。そう滅多に食べれないので、後悔はありません。

 プリン体取りすぎも、痛風予備軍ではないので、ギリギリセーフです。


f:id:hitachibana:20200803013523j:image

 

 神威岬で突端ですので、波がかなりうねってました。動画も撮りましたが、結構な迫力でした。
f:id:hitachibana:20200803013534j:image

 

maps.app.goo.gl

 

 お腹と心を満たした後は、ホテルに戻ります。途中空が晴れてきて、もう少し時間があればサンセットまで見れそうですが、この時期日の入りは19時過ぎなのでさすがに。


f:id:hitachibana:20200803013906j:image

 

 上の写真を撮りに、漁港らしき所で休憩に寄ったら、あたり一面にうにの殻がたくさん転がってました。


f:id:hitachibana:20200803013922j:image

 

 一旦ホテルに帰り一休みしてから遅めの夕食です。

 

 

ニセコジンギスカン

 

 お昼ご飯が遅かったので、夕食は遅めにと、ニセコのジンギスカンのお店をチェックして予約しました。

 近く(と言ってもヒルトンから5キロぐらい)にジンギスカンのお店が2軒あり、一軒は予約でいっぱいとのこと。

 もう一軒は、21時過ぎならOKとのことで、お腹空いてる訳ではないので、ちょうど良かった感じ。

 

 Google Mapの写真をみると少し微妙そうな感じがありました。なんとなく常連さん御用達みたいな感じで。

 でも他に選択肢がないので、行ったわけですが、結論から言うと当たりでした。


f:id:hitachibana:20200803013626j:image

 元々のオーナさんがやってたお店を引き継いで、内装をリニューアルされたばかりのようです。内装はピカピカでした。

 以前は2階も客席だったそうですが、今は1階だけで、お店自体はそんなに広くないので、すぐにいっぱいになってしまいそうです。

f:id:hitachibana:20200803013642j:image

 ラストオーダーは21時でしたが、特別対応してくれました。
f:id:hitachibana:20200803013650j:image


f:id:hitachibana:20200803013705j:image

 料理メニューです。ジンギスカン以外にも野菜やホイル焼きとかあって飽きないですね。

 札幌のジンギスカンは肉だけってお店がが多いので。
f:id:hitachibana:20200803013716j:image

 

 サラダもあるのが助かります。
f:id:hitachibana:20200803013729j:image

 

 程よくさしの入ったラムです。写真ばかり2人前で、札幌のお店より量は多めです。
f:id:hitachibana:20200803013745j:image

 

 オーナーは大阪出身とのことで、私も兵庫出身、大阪にいた事を話すと、万願寺とうがらしを付けてくれました。
f:id:hitachibana:20200803013801j:image

 

 焼きます!
f:id:hitachibana:20200803013810j:image

 

 普通のジンギスカンのタレもあるのですが、藻塩+レモンがおすすめされたので、これでたべたのですが、タレよりこっちが数倍美味しいです。

 ラムは少しクセがあるので、塩レモンがいい塩梅になってラムの旨味が引き立つ感じでした。これは新発見です。
f:id:hitachibana:20200803013818j:image

 

 とても美味しかったので、またニセコに来た際はリピート必須です。

 外のジンギスカンでも塩レモンやってみたいと思った次第です。

 

 

maps.app.goo.gl

 

 もう一軒のお店はしか肉とややあっさり目のラムらしく、個人的にはこちらに行けて良かった感じです。

 

 今日の泊まりもヒルトン・ニセコビレッジです。
f:id:hitachibana:20200803014018j:image

 そんな感じ。

 引き続き3日目は札幌に向かいます。

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

世界に唯一のばんえい専用の帯広競馬場に行ってきました

 こんばんは、すきーやです。


 皆さんは『ばんえい競馬』ってご存じですか。農耕や荷物を運ばせるための馬(ばん馬)を使った競馬です。

 このばんえい競馬は、騎手が馬に跨って走らせるではなく、鉄製のそりを引っ張って競争します。このばんえい競馬場が世界に唯一北海道の帯広にあります。

 たまたま札幌にきたタイミングで明日どうしようかと話をしていたら、嫁さんがばんえい馬見てみたいというので、調べたら明日から競馬が再開ということで行くことにしました。

 

マンガ『銀の匙』

 ばんえい競馬は荒川弘さんのマンガ『銀の匙』に出てきてました。銀の匙はマンガからアニメや実写映画にもなった作品です。

 それでばんえい競馬がどんなのかなーってレベルで興味はあったのですが、まさか帯広まで行くことはないと思ってました。

 このマンガでよく出てくる、取れたて『とうもろこし』のシーンで、北海道で収穫したてを食べた~い!ってサブリミナルのようになってましたので、潜在的に影響を受けていたのかもしれません。そんな訳で急に見に行きたくなったという訳です。

 

ja.m.wikipedia.org

 

  これがばんえい競馬に使う『そり』です。500キロぐらいあるそうです。持ってみましたがビクともしませんでした。

f:id:hitachibana:20200711163457j:plain

banei-keiba.or.jp

 

 それでは施設の中に入ります。

 通常は入場料100円掛かるそうですが、コロナ対応の間は無料だそうです。また、お店で買い物しても無料だそうです。

 中には食堂や馬券売場などがあります。3階には有料のラウンジがあるそうです。これも休止中ですが。

f:id:hitachibana:20200711133502j:plain

 

 3月からコロナで無観客レースでしたがまさにこの日から観客を入れての競馬が再開です。そのため、コロナ感染対策でソーシャルディスタンスや、マスク着用、体温測定、アルコール消毒と万全の体制をしていました。

 

f:id:hitachibana:20200711133133j:plain


f:id:hitachibana:20200713122149j:image


f:id:hitachibana:20200713125434j:image

 

 

ばんえい競馬とは


 一般的な競馬はサラブレッド種で馬体は500キロ前後ですが、ばんえい競馬に使う馬は、1000キロ近くあります。この馬に500キロの鉄製のそりを引っ張らせて200mのダートを走って速さを競わせます。

 

 このコースの途中に1mと1.6mの障害の坂があり、坂の手前で呼吸を整えて、一気にいったり、ゴール手前でも止まって力を溜めて一気にゴールさせるなど、最後までどの馬が勝つか見所満載の競馬です。


 また、ゴールも頭が入るのではなく、ソリの一番後ろがゴールラインを通過するまでなので、ゴールラインの攻防があったりします。
 坂の途中で登れなくてリタイヤしたりも良くあるらしく、見てて結構熱い戦いです。


 最後の一頭が観衆に見守られながら、拍手に迎えられてゴールするのは普通の競馬とはなんか違う感じがしますね。

 

 

レース運びについて

 

レースを実際に見てきました。以下の写真は第1レースと第2レースが混在しておりますので、ご了承ください。

 

 普通の競馬と同様にパドックがあります。ここで馬の調子を見たりします。

通常の競馬の騎手の体重は52キロ前後ですが、ばんえいは馬に乗るわけではないので、騎手の体重は70~80キロぐらいだそうです。

 それで、この対格差でから、馬の大きさがわかりますね。

 レースでは乗るわけではないので、騎手が乗る鞍も付いていません。

 

f:id:hitachibana:20200711145158j:plain

 

 普通に曳いて歩かせることもあります。この時は半々ぐらいでした。

 気性の荒い馬、おとなしい馬、ピシッとしている馬など。

f:id:hitachibana:20200711144908j:plain

 

せっかくなので、応援出来るようにパドックでリズミカルに歩いていた、6番と8番に勝馬投票しました。100円ですが(笑)馬を見る目があるかってかって感じで。


f:id:hitachibana:20200713080144j:image

 

 スタートにつくと、スターター(なんて呼ぶのかは知りません)が合図をしてスタートです。

f:id:hitachibana:20200711151404j:plain

 

 一斉にスタートダッシュします。歩いて追いかけていけます。200mを2分ほどのスピードです。走ると係員の方に怒られます。

 

f:id:hitachibana:20200711151450j:plain

 

 1つ目の障害の手前で一旦止まって、息を整えます。そして一気に駆け上がらせます。

f:id:hitachibana:20200711151453j:plain

 

 6枠がトップです。8枠も上位です。つい応援も熱が入ります(マスクつけているので声は出してません)

f:id:hitachibana:20200711151454j:plain

 

 1つめの障害を越えて、6ー3ー8という状況です。

 ここから山場の2つ目の障害です。

f:id:hitachibana:20200711151537j:plain

 

 ここで8枠が登れずに大きく遅れますが、6枠は順調に駆け上がります。

f:id:hitachibana:20200711151609j:plain

 

 そのままゴール手前のラストスパート。手綱を引っ張って力を溜めさせ、緩めると前に進み始めます。

f:id:hitachibana:20200711151648j:plain

 

 ゴールラインをそりの一番後ろが通過すると、そこがゴールです。

f:id:hitachibana:20200711151656j:plain

 

 そのため、ゴールラインまで来ていても、後ろからまくられる事もあるようです。

f:id:hitachibana:20200711151704j:plain

 

 下位争いです。結構斜度もあるので、踏ん張ってる感がありますね。

f:id:hitachibana:20200711155112j:plain

 

 こちらは第一レースの2つ目の障害が登れなくて、ビリになったのですが、何とか登りきってゴールを目指している所です。

 

f:id:hitachibana:20200711144211j:plain

 

 ちっちゃい子が『がんばってー』って応援しているとほのぼのしますね。

f:id:hitachibana:20200711144305j:plain

 

 レースが終わる度に整地を人海戦術でやります。トラクターも使ってますね。

 

f:id:hitachibana:20200711144339j:plain

 

  電光掲示板には馬場の水分の表示があります。それで馬場の重さもかわるでしょうね。

 

f:id:hitachibana:20200711144447j:plain

 

 ピンボケですが、1位6枠単勝が取れました。100円ですが。


f:id:hitachibana:20200713081055j:image

 

 馬の倍率とか見ずに馬の雰囲気だけで選んだので、4番人気ですが、見事に当たりました。
f:id:hitachibana:20200713123328j:image

 払い戻しは7.2倍です。
f:id:hitachibana:20200713123450j:image

 720円ゲットしました。ビギナーズラックなのか、一応オッズ見ずに選んだのがよかったのか。この次のレースも買いましたが、こちらはオッズ通り1番人気が勝ち、3レースは外しました。投資500円なので、トータル収支は220円のプラスですね。


f:id:hitachibana:20200713123255j:image

 

 

帯広競馬場について


 この日の帯広競馬競馬場は14時から入場開始で、夜8時過ぎまでレースをしています。

 夜はネオンもキラキラしてます。さすがに最後までいると時間も時間なので数レース見て帰るつもりですが。

 また観客もさも博打やってますという人から、ファミリー連れで来ている人やカメラ女子も結構多く、一般的な競馬場とはかなり雰囲気が違いました。


 また、施設内には動物とのふれ合いコーナーもあり、実際のばん馬を見てその大きさに(特に頭と脚の太さに)恐怖すら感じました。
 嫁さんにこの馬の蹄の裏堀り(乗馬の後に蹄の裏に土が貯まるのでブラシで掻き出す)できる?と聞いたけど、絶対無理!って事でした。

 

 普段なら、施設内や厩舎を巡るサイトツアーもやってるそうですが、現在は休止中とのことです。

 コロナが落ち着いたら、また来たいなって思います。

 

 一応動画もアップします。

 鞭で叩いていますが、馬の鞭は合図で使っており、そんなに痛くないそうです(筋肉の塊ですからね)音を聴かせるためが一番の効果のようです。

 なので、可哀想と思わなくて良いです。

 


20200711 帯広競馬場 第1レース


 

goo.gl

 

 

その他の施設

f:id:hitachibana:20200711133139j:plain

 
馬の資料館

f:id:hitachibana:20200711133103j:plain

 駐車場から入ってすぐに馬の資料館があります。ばん馬の生い立ちや、過去の優勝馬の説明などがあります。

 以前は生涯獲得賞金1億とかいたそうですが、今は賞金も格安になってなかなか難しいようです。通常レースだと優勝賞金20万円とかのようです。

 

goo.gl

 

ふれあい動物園

f:id:hitachibana:20200711133925j:plain

 

 ここでは実際にばん馬に触れます。人参をあげることも出来ますので、馬とのスキンシップもできます。

 

f:id:hitachibana:20200711134057j:plain

 

f:id:hitachibana:20200711134108j:plain

f:id:hitachibana:20200711134132j:plain

 

 脚とか頭とかデカいのでビビりますが。

 

f:id:hitachibana:20200711134324j:plain

 

 そしてこの手には必ずうさぎのコーナーがあります。しかし名前はどうかと思いました(笑)

 

f:id:hitachibana:20200711134457j:plain

 

goo.gl


f:id:hitachibana:20200713220334j:image

お土産にばん馬T買ってきました。みなぎる馬力です。

 

 そんな感じ。

 最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

腱鞘炎(けんしょうえん)になりました

 こんばんは、スキーやです。

 

 3月頃から指を曲げると痛みがあったのですが、コロナ休業ついでに近くの整形外科へ行ってきました。

 整形外科自体はここ3年ほど間を開けながら五十肩で通院してます。リハビリに通ってすっかり良くなりました。

 最近は少し痺れが出てきたらリハビリいってという感じでした。

 

 ただこの整形外科は大人気で、オープンに並べなかったら、すぐに2時間待ちとかになってしまい、ずっと待つのもしんどいので、治療のほうは中々行けなかったのですが、さすがに指の痛みが直りそうもないので行ってきました。

 さすがコロナのお陰で少し少ない感じで、待ちは1時間ほどでした。


f:id:hitachibana:20200513010908j:image

 

 そもそもの原因は乗馬じゃないかなって事で、手綱を持っている時に馬が首を伸ばしてグイッと持って行かれるんですね。そのときに指に力が入るので、乗馬の後に少し痛みがあったんです。

 でもほっとけば治るだろうと思っていたんですが。

 4月頭にコロナでクラブが休業になり、1ヵ月以上乗馬してないのですが、痛みが退かないので病院に行ったわけです。

 

 診断は腱鞘炎。ええって感じでした。

 仕事柄何十年もPCのキーボード連日カチャカチャしててもなった事が無かったのにです。

 

 それで腱鞘炎の原因とか、治療方法とか調べると力入りすぎがダメらしいですね。

 そういえば乗馬もガニガチにならずに上手く流せればよいのかなと。


f:id:hitachibana:20200513012614j:image

 

 左指が痛くて病院に行きましたが、腱鞘炎ですと言われると、右も痛くなりだすという、そんな訳でインドメタシン塗り塗りな日々です。

 

そんな感じ。

蓼科1泊旅行

 こんにちは。すきーやです。

 

 3連休ですが、皆さま如何お過ごしでしたか?

 

 私はもともとベトナム・ホーチミン市の旅行の予定でしたが新型コロナさんのお陰で、いけなくなりましたので、代わりに長野県の蓼科まで1泊の旅行に行ってきました。

 勿論移動は車ですので、移動中は濃厚接触者は嫁さんだけになります。

 あ、サービスエリアとか、ご飯食べるときもありますね。でもこのぐらいは日常生活でもある事なのでギリギリセーフかな。

 

 書いてからめっちゃ長くなってしまいました。ご了承ください。

 

 

愛知~諏訪

 

 愛知からは一宮ICから名神ー小牧JCTー中央道で諏訪ICに向かいます。


f:id:hitachibana:20200322112628j:image

 

 大阪(北陸)方面が渋滞です。それに比べて中央道、東名方面はえらく空いていました。

 

 途中駒ヶ根SAで休憩です。
 木曽駒ヶ岳かな?駒ヶ岳ロープウェイは不良箇所が見つかった為、営業中止中だそうです。ホテルも閉館中のようです。
f:id:hitachibana:20200322142641j:image

 

 このSAに生信玄餅がありました。賞味期限が3日ほどしかないので、お店しか売ってないと聞いていたんですが、ここで売ってたんですね。
f:id:hitachibana:20200322113900j:image

 

 ここでゲットしてホテルに行って食べました。


f:id:hitachibana:20200322114544j:image

 

 いつもの桔梗屋の信玄餅より柔らかくて美味しかったです。

 お皿とかないと食べにくいですが。

f:id:hitachibana:20200322114343j:image

 

 

ほうとうの小作

 

 諏訪IC下りるとちょうどお昼前でしたので、諏訪IC近くのほうとうの小作へ。

 山梨ではあちこちにあるんですが、長野にも諏訪IC近くにあります。

 先日TVを見てて、嫁さんがほうとうって食べたこと無いというので、じゃあ今回行くかって感じです。


f:id:hitachibana:20200321232045j:image

 

 ほうとう以外にも色々ありますが、ほうとうだけでも色々とあります。


f:id:hitachibana:20200321232133j:image

 

 今回はスタンダードのかぼちゃほうとうです。結構ボリュームがありますので、追加はいらない感じです。


f:id:hitachibana:20200321232208j:image

 

 お昼時は大体並ぶんですが、今日は全然並んでませんでした。やはり出控えているんでしょうか。


f:id:hitachibana:20200321233014j:image

 

www.kosaku.co.jp

 

 

諏訪~蓼科

 

 蓼科へは、諏訪ICを下りると国道20号線(甲州街道)から茅野市で国道152号線(大門街道)で山に登っていきます。

 蓼科高原へはこのまま、ビーナスラインを行けばいいのですが、目的地が少しはずれにあるので、途中299号線(メルヘン街道)でやや右寄りのルートで進みます。


f:id:hitachibana:20200321220346j:image

 

 この299号線は1992年までは国道日本最高地点でしたが、志賀高原の渋峠が無料化されて2位に陥落しました。

 日本最高地点だった頃の写真を見つけました。


f:id:hitachibana:20200320204717j:image

 

 また299号線の長野~埼玉の十石峠は酷道としても有名で、昔に通ったことがありますが、対面通行の1車線しかないあまり通りたくない国道ですね。


f:id:hitachibana:20200320204816j:image

 長野で仕事してた頃は麦草峠は頻繁にドライブに来ていました。煙となんとかは高いところが・・って言いますからね。

 

 

蓼科乗馬ファーム

 

 昨年のハワイで外場乗馬(馬で外に出て行く)にとりつかれて、嫁さんが行きたい行きたいというので、ベトナムも潰れたことですので行くことにしました。

 ちょうど行こうとした蓼科で程よい感じの乗馬できるところを見つけたので、ここで予約しました。

 

 国内での外場は初めてという事もあり、今回は1時間のコースで申し込みました。良かったらリピートしてもと思ってます。

 

www.ne.jp

 

 近くまで来ると案内多めですので道に迷うことはありません。


f:id:hitachibana:20200321220616j:image

 

 受付です。ちょっと早く着いたので、馬とのコミュニケーションしてました。
f:id:hitachibana:20200321220811j:image

 

 全部で12頭ほどいました。

f:id:hitachibana:20200321233542j:image

 人参を持って行ったのでモテモテでした。
f:id:hitachibana:20200321233620j:image

f:id:hitachibana:20200321233629j:image

 さて、時間になりましたので出発です。

 前にハワイでウェスタンスタイルを乗りましたので、5分ほど馬場で慣らしてから、場外へGO!

 スマホをお渡しすると動画とか色々撮って頂けました。中々走ってる姿は撮ることが出来ないので良かったです。
f:id:hitachibana:20200321233833j:image

 

 かけあしで走ってる所も沢山撮って頂けました。
f:id:hitachibana:20200321234008j:image

 

 1時間のコースでしたが、1時間で馬場に戻ってからも延長レッスンが始まりました。

 嫁さんが駈歩が中々上手くいかないっていうので、途中からがっつりレッスンモードでした(笑)

 ハワイのは完全に乗るだけでしたが、ここではちゃんと自分でコントロールしないといけないので、乗馬した気になりますね。

 また来ようと思います。

 

 

エクシブ蓼科

 

 今回のホテルはエクシブ蓼科です。会社の福利厚生での利用です。

 部屋は和室付のスイートでした。
f:id:hitachibana:20200322000441j:image

こちらは寝室
f:id:hitachibana:20200322000458j:image

和室があると良いですね
f:id:hitachibana:20200322000510j:image

 

夜はまだまだ寒いです。
f:id:hitachibana:20200322000627j:image

ここは温泉大浴場もあるので、久々に広いお風呂で堪能しました。最近は温泉旅館とかもあまり行かず、ヒルトンとかが多いですからね。

 

maps.app.goo.gl

 

 

イタリアンレストラン ルッチコーレ

 

 夕食はイタリアンレストランです。

 この3月に新料理長として就任された方は、以前ジョエル・ロブションにいたことのある、まだ30前の若い料理長って事でこちらにしました。
f:id:hitachibana:20200322000705j:image

 

伊勢海老のインサラータ、信州産長芋のビネグレット
f:id:hitachibana:20200322001121j:image

伊勢海老の味噌が滅茶苦茶濃厚で美味しい。

 

フォアグラのフリット、マルサラソース
f:id:hitachibana:20200322001140j:image

フォアグラをフリットで食べたのは初めてです。

 

信州産花びら茸と信州福味鶏のズッパ
f:id:hitachibana:20200322001153j:image

 

ズワイ蟹と菜の花のタリオリーニ
f:id:hitachibana:20200322001211j:image

パスタの塩っけが強かったかな。

 

蝦夷鮑と金目鯛のパデッラ、セロリラブピューレにトリュフの香り
f:id:hitachibana:20200322001229j:image

 

追加オーダーのクワトロフォルマッジオのピザ
f:id:hitachibana:20200322001332j:image

チーズの塩味がちょっと物足りないかなって感じました。

 

信州プレミア牛肉・ロース肉のアロースト、信州産椎茸ソース
f:id:hitachibana:20200322001346j:image

お肉は安定の逸品。脂が甘い。

 

苺とピスタチオのメルバ風
f:id:hitachibana:20200322001407j:image

 

 やっぱり安定の美味しさでした。最近ポイント活動で微妙なお店ばかりなので、たまにはちゃんとしたもの食べないと駄目ですね。

 今回のメニュー構成は前料理長からのメニューで、来月から新料理長メニューに変わるそうなのでまた来ないとねって感じです。

 

 

和朝食

 

 コロナ対策のためバイキングは中止の為、和食膳にしました。会場もバンケットルームを使って間隔広めのテーブルセットでした。

 料理はサービスもし易いように松花堂弁当のようにセットされています。ひじきやなめ茸もちゃんと作ってるようで美味しかったです。


f:id:hitachibana:20200322102821j:image

 

 

諏訪大社 上社本宮

 

 どこも自粛モードでどこも行くところがないので、諏訪大社に行きました。

 6年毎に御柱祭をやってる諏訪大社です。よく説明は7年とありますが、数え年で7年なのです。次回は2022年かな。


f:id:hitachibana:20200322134735j:image

 

上社本宮の本殿
f:id:hitachibana:20200322134757j:image

 日本の諏訪神社の総本山になるのかな。

 おみくじは吉でした。旅は早く行けとのことなので、GWに期待したいと思います。

 

上社本宮の一之御柱
f:id:hitachibana:20200322134923j:image

 

maps.app.goo.gl

 

 いな垣

 

 御昼ご飯はこれまた嫁さんがソースかつ丼を食べたことがないというので、本場の駒ヶ根のソースかつ丼を食べて帰ることにしました。

 お店は長野の友人(奥さんが駒ヶ根の方)にお薦めを聞きました。

 

特別出演(友人A)
f:id:hitachibana:20200322141004j:imagef:id:hitachibana:20200322141019j:image

 

 と言うことで、普通にソースかつ丼をオーダー。甘みが絶妙で美味しかったです。

 嫁さん曰わく、少ししょっぱいかなと。

 茶そばは微妙らしいので止めておきました。

 量が凄そうですが、厚みはあまりないので、ご飯はそんなに多くありません。私的にはちょっと足りないかなでしたが、嫁さんの残したご飯をもらって丁度でした。

 大盛200円ってのもありました。
f:id:hitachibana:20200322145010j:image

 

maps.app.goo.gl

 

 

 明治亭は一応有名店ですので、マップだけ付けておきます。長野県人曰わく、かなりしょっぱいそうです。

 

maps.app.goo.gl

 

 こんな感じの蓼科旅行でした。天気も良くて、良い旅行でした。

 それにしてもベトナム行きたかったな。

 これを書いてる時間は本当はベトナムで最後の夕食を食べてる頃だと思います。ベトナムSIMを買ってしまっているので、リベンジのリベンジはしないとね。

 

 最後までお読み戴いてありがとうございます。

 

 

乗馬4級

 こんにちは。すきーやです。

 

 昨年7月から始めた乗馬ですが、コンスタントに週一で通っておりまして、昨日4級試験を受けました。

 嫁さんは1月末に先に受けて取得済みですが、私は1ヵ月半遅れで試験する事になりました。

 4級といっても合格率はかなり高いため(レッスン中にそろそろ4級いけるよと、教えてくれるので、かなりの合格率のはずです)

 元々翌週はベトナム旅行の予定でしたので、その前にって感じの予定を立てていました。

 まあ、関係なくなりましたが。

 

www.myholiday.site

 

 嫁さんは平日も使って私の倍ぐらい乗ってるので、それよりはちょい早いペースかなって。

 4級の受験までに80鞍乗りました。

 

 試験は馬の指定をした方が良いということで、どの馬で試験を受けるかが決めきれずにいたので、先生が『ロッキーが良いんじゃない?』と言うことで、ロッキーに決めました。嫁さんが試験で乗っており、馬の癖とかもわかってるので決めた感じです。

 しかし、それもそれまでに1回しか乗ったことがなかったので、試験日とその前の週(要するに先週)に専用馬の予約をしてました。

 ロッキーは、雨さえ降らなければちゃんと走ってくれるそうなので、雨だけが心配の種です(笑)

 先週も結構それなりにちゃんと走ってくれたので、この感じなら大丈夫かなって。


f:id:hitachibana:20200316010731j:image

 

 そんな訳で、ここの所天気ばかり気になってました。

 日曜の夕方が試験なので、こんな天気予報を見ると『大丈夫かな~』って心配になつたり、

 

f:id:hitachibana:20200314224228j:image

 

 前日の予報で全然変わってたりすると、大丈夫かなーとか。


f:id:hitachibana:20200314224415j:image

 

 そして迎えた試験日です。今日のロッキーは機嫌は良さそうです。


f:id:hitachibana:20200316010705j:image

 開始前に少し雨がぱらついてきたので、ヤバッと思ったのですが、レッスン開始までには止んでくれました。

 

 4級レッスンの後に引き続きで試験があります。4級レッスンが始まると、ロッキーのご機嫌は微妙な感じ。時々止まったりして、ちょっとなめられてるかんじでした。

 

 そして試験本番。試験は60点以上が合格ラインです。基本が出来ていれば合格出来るでしょうって感じです。

 

 

 結果は内容的にはダメダメでした。動いてくれればなんとかって感じで、個人的には通ってもギリギリでしょうって感じでした。

 

 その後筆記試験がありますが、まあそれほど難しいものではありません。馬の色の呼び名と、馬の部位の呼び名など25問を択一で答えるだけなので、目指せ100点みたいなものです。

 

 結果は合格?のようです。実技終わって、合格ですと明確に言われてないのですが、次は初級馬場のレッスン入れてねとか、もうすこしこうしてねとかの指導は合ったのですが・・・

 筆記は合格です。と言われたので、合わせて合格だったのかな?と、まあ要するに

 

 4級合格でした。

 

 乗馬始めたのもとりあえず4級は取りたいよねって感じでしたので、とりあえず目標はクリアしました。今後もっと上を目指すのか、ゆるゆるとやっていくのかは未定です。

 ちょうど今日乗馬学校の昇級試験をやってたようで、障害を飛んでるのをみてて、結構大変だなーって見てました。

 

 とりあえず、これであちこちの場外乗馬(馬場から外にでる)に気軽に行ける(レベルですよって証明)ので、それなりに楽しくやって行けそうです。

 

 それにしても3月のベトナムは仕方ないとして、GWの台湾も暗雲が立ち込めているのと、秋のイタリアも大丈夫かなって感じになってきました。秋までイタリア渡航禁止とかは勘弁して欲しいですね。

 

www.myholiday.site

 

 

 最後までお読み戴きまして、ありがとうございました。

 

乗馬その後

 6月の終わりから始めた乗馬ですが、その後は旅行中を除き、毎週通い続けています。

 1日2~3鞍ペースで騎乗したので先日50鞍(乗馬は乗った回数を『くら』でカウントします)になりました。嫁さんは平日も通ってますので100鞍オーバーです。

f:id:hitachibana:20191202010148j:image

51鞍目(リーベディッヒ号)

 

 いま私は駈歩(かけあし)の練習中。嫁さんは4級取得トレーニングに入っています。

 

 私は駈歩が自力で出せるようになって、一つ壁を超えた感じで、日々の上達が楽しくなってます。

 

 乗馬を始めて、幾つかの壁があるのとわかったことを備忘録的に書いておきます。

 スキーの練習と共通点があったので、個人的にスキー的な視点で書こうと思います。

 

 

 初めの頃(~10鞍)は、慣れるだけですね。基本的な姿勢や足の使い方とか、歩かせるのは先生が追鞭(後ろから鞭でペシペシ)してくれるので、馬が歩いてる状態で、正しいポジションや、手綱の張り方なんかの基本中の基本を覚えます。

 スキーと一緒で基本は大事ですね。スキーとの違いは馬が替わると性格や癖が変わるのでその辺を理解しないと、馬によって全然言うこと聞かない子がいます。スキー板は変わりませんので、斜面が違うイメージかな。雪質や斜面に合わせた滑り方を理解する事が大切です。


f:id:hitachibana:20191202153738j:image

 次はベーシックAとかベーシック馬場(20鞍ぐらい~)のグラスまで行くと、速歩(はやあし)が継続出来て、馬にちゃんと指示が出せることが大事になってきます。合図とか、ポジションが悪いと馬は言うことを聞いてくれなくなります。結構悪戦苦闘しているのを見てきましたし、自分も少し壁に当たりました。


f:id:hitachibana:20191203124646j:image

 スキーと同じでポジションが悪いと身体がぶれて馬は言うこと訊かなくなります。体幹と姿勢がすごく大事で、それが分かるとちゃんと言うこと聞いてくれます(たまに全く言うこと聞かない子もいますがw)

 猫背になるとダメなんでスキーの時に使ってた腰ベルトするといい感じになりました。

 おへそを前に出して骨盤を立てるイメージが必要で、これスキーと同じなんですよね。

 スキーだと後傾を克服してパラレル出来るようになった感じかな。ちゃんと板の上に乗れないと暴走するし、コントロールも効かない。初級ゲレンデなら、どこでもコントロールしながら滑れる感じですね。f:id:hitachibana:20191203084344j:image

 

 ベーシック駈足(かけあし)に入ると急にハードルが上がります。結構ここで停滞する人が多いような感じです。ポジション、合図の継続、手綱のコンタクト等多くの事をちゃんとできないといけなくなります。

 馬の癖や合図をどうすると馬に伝わるかなど、細かい修正をしながら慣らしすると、違いがわかるようになりました。

 例えば足の位置を前後2~3センチ変えるような違いですね。

 スキーでも中級~上級コースに行けるようになるが、思い通りにコントロール出来ずに、すぐ止まってしまうとか、斜面に対して正しくポジショニング出来ずに暴走して転けるとか、馬もスキーも一緒だなと思うようになりました。

 この頃になると落馬とかも時々見かけます(今はエアバッグベストがあるので怪我はほぼしないです)


f:id:hitachibana:20191202153919j:image

 この後は4級取ると、コースが分かれて、馬場に行く人、障害競技(ジャンプとか)、ひたすら駈足する人に分かれるそうです。

 私はまだがこれしたい!とかないので、まずは4級を取ることだけに集中します。

 スキーの1級取ってから指導員目指すか技術を極めるかみたいな感じですね。

 

 また、先生によっては言ってる事が真逆(多分言いたいことは同じですが)の事を言うので、結構混乱してる人もいます(うちの嫁さんがそうかな)なので、受ける先生をみてスケジュールを決めたりしてます。私は限られた時間なので、そんな贅沢はいえませんが、予約時に特定の先生は比較的空いてたりするので、選り好みしているのはあるんだろうなと思います(最初は時間なのかなって思ってました)

f:id:hitachibana:20191202124303j:image

 

 あと、駈歩や4級取得になると、先生から馬指定(専用馬)をお勧めされます。基本レッスン時の馬はランダム?にアサインされるため、たまに言うこときかない子や、指示が難しい子に当たることがあります。f:id:hitachibana:20191203085149j:image
コテツ号(言うこと聞かない洗礼を受けました)

 そのため、指名料(2~4千)を出して馬を指名する事ができます。素直な子で練習すると良いのでしょうが、上手くなるには弊害かなって個人的に思います。

 貸切ゲレンデで気持ちよく滑るのもよいですが、ガサガサのこぶ斜面を上手く滑れた時のはうが気持ち良かったりしますし、上手くもなります。嫁さんには専用馬使わないって意地になってるとか言われましたが、そんな気はないですね。

f:id:hitachibana:20191202162247j:image

 前回は結構難しい馬だったようですが、先生に『この子であれだけ動かせたら十分ですよ。すごく良くなりましたね』って言われてちょっと調子乗ってます(笑)


f:id:hitachibana:20191202154514j:image

 まだ、乗馬始めて5ヵ月程ですが、楽しくやってます。また外場(乗馬施設の外)に行きたいなと思う日々です。