すきーやの休日

2018年ANAプラチナ取得。デルタAMEXでスカイチームエリートプラス。マリオットゴールド、ヒルトンダイヤモンドで楽しい休日を過ごす50代陸マイラー。

全県制覇 大分・宮崎の3日目の2 『神話の里、夜神楽はコロナ禍バージョンです』

 こんばんは、すきーやです。

 ゴールデンウイークの台湾行きが無くなったので(今更)代わりの国内旅行の検討中です。今度はどこに行こうかなと物色中です。

 当初、宮島、呉、広島と予定していましたが、宮島の大鳥居が工事中なんですね。

 折角なら大鳥居を見たいので見送りにしました。

 

 さて、おんせん県と神話の国 宮崎県に行ってきました。これまでの話はこちらで。

 

www.myholiday.site

www.myholiday.site

 

 全県制覇 大分・宮崎の旅は3日目の後半です。前回が長かったので、今回は短めに。

 

 天岩戸神社もクローズというとことで、宿に向かいます。

 

 

花旅館 岩戸屋

 今回の宿は天岩戸神社の対岸の『花旅館 岩戸屋』という、直球の名前の旅館です。

 位置関係はこんな感じで天岩戸東本宮に歩いて行けるので、チェックイン後か翌朝に行けるかなと思ってました。→大雨で挫折しました。


f:id:hitachibana:20210406122338j:image

 

 外観です。


f:id:hitachibana:20210406121517j:image

 

 エントランスです。夜になると照明で結構いい雰囲気になります。


f:id:hitachibana:20210406121546j:image


 ロビーでチェックインします。

f:id:hitachibana:20210406121332j:image

 

 ここで、夜神楽の紹介があり、私が『あれ?やってないとネットに載ってますよ』って聞くと、ネットはそう書かれてるんですが、実際は2020年7月から再開しているそうです。

 旅館で検温とか出発地とかの確認をして、その証明書がないとダメらしいので、一般公開というより、確認済の宿泊者限定なのかもしれません。無料送迎もしてくれるので、当然申し込みました。


f:id:hitachibana:20210406123827j:image

 

 館内は畳張りのため、気持ちいいです。


f:id:hitachibana:20210406121615j:image

 

 随所に花が活けてあり、花旅館の理由がわかった気がします。


f:id:hitachibana:20210406121829j:image

 

 客室は撮り損ないましたが、和室8畳ぐらいで、バストイレ付きでした。浴場もあるので部屋のは使っていません。温泉ではないようです。

 

 しかし、客室の浴室はリニューアル感がある、ちょっとアンバランスな感じです。湯船も変わっていればとても良かったのですが。


f:id:hitachibana:20210406121702j:image

 

 お茶受けです。甘いものが食べたかったのでちょうど良かったです。


f:id:hitachibana:20210406124753j:image

f:id:hitachibana:20210406124809j:image

 

 窓から見えるのは天香具山(GoogleMapで探した)でしょうか?天香るとはなんか天岩戸神話に絡みそうな名前ですね。


f:id:hitachibana:20210406124820j:image

 

maps.app.goo.gl

travel.rakuten.co.jp

 

 

岩戸屋の夕食

楽天トラベルで一泊二食付き一人11,000円ぐらいだったと思います。これに猪鍋を追加しました。

 

 夕食の献立です。


f:id:hitachibana:20210406130411j:image

 

f:id:hitachibana:20210406124732j:image

 

 こちらが猪鍋です。冷凍を解凍せずにぶっこんだ感じになってて、かなりがっかりでした。


f:id:hitachibana:20210406130537j:image

 

前菜・先付けなど。


f:id:hitachibana:20210406130033j:image

 


f:id:hitachibana:20210406130050j:image

 

 茶そばは釜揚げ風というか、鍋で湯がいて食べる感じです。


f:id:hitachibana:20210406130402j:image

 

 ブランドポークのせいろ蒸し


f:id:hitachibana:20210406130453j:image

 

 サツマイモのグラタン。美味しかった。ちょっとやけどした。


f:id:hitachibana:20210406130507j:image

 

 何故かわからないけど、ビーフストロガノフ。この組み合わせがよくわからない。

 まあ、美味しかったけど。


f:id:hitachibana:20210406130523j:image

 

 古代黒米のご飯。モチモチ系でした。


f:id:hitachibana:20210406130553j:image

 

 日向夏。凄く凄く美味しかった。ゼリーみたいな食感。これまた食べたい。


f:id:hitachibana:20210406130604j:image

 

 旅館で11,000+猪鍋2,000円とすると、まあギリギリかなって感じ。食事に期待していた部分はあるので、かなりがっかり感がありました。この辺は難しいですね。

 

 

夜食

 夜神楽から帰ると、部屋に置いてありました。そばの実ぜんざい。甘さ控えめで美味しかった。


f:id:hitachibana:20210406130740j:image

 

 何気にお腹が空いたので、道の駅で買ったおはぎを食べた。

 これ、こしあんのおはぎなんですよね。初めて食べましたが、何か足りない赤福って感じだった。やっぱり粒あんの方がおはぎらしい。


f:id:hitachibana:20210406130807j:image

 

 

岩戸屋の朝食

 うん、旅館って感じの朝ご飯です。

 サラダが・・(しつこい)


f:id:hitachibana:20210406130654j:image

 

 食後にコーヒーとポン菓子のシリアル。


f:id:hitachibana:20210406130706j:image

 

 

高千穂神社の夜神楽

f:id:hitachibana:20210407001228j:image

 夜は高千穂神社の夜神楽に行きました。

 こちらに案内があります。

takachiho-kanko.info

 


f:id:hitachibana:20210406202932j:image

 

 受付に宿で貰った証明書を提示し入場料ひとり1000円を払います。


f:id:hitachibana:20210406203234j:image

 

 1畳に2名づつ座ります。やや密ですね。50名ぐらいでしょうか。


f:id:hitachibana:20210406203328j:image

 

 始まります。この四角く囲った空間を神庭(こうにわ)というそうです。よく見ると漢字とかが切り抜かれています。五行(木、火、土、金、水)とか、干支の絵かな?


f:id:hitachibana:20210406203012j:image

 

 

手力雄の舞

 天照大神が隠れてしまったので、手力男命が探している場面です。
f:id:hitachibana:20210406203040j:image

 鈴のような物(神楽鈴?)を振ってましたが、本物はこの木の実のようなものです(何の植物かは忘れた)。これは20年前に行ったときに、宮司さんから説明して貰って、その時に戴いたものです(勝手に折ったのではありません)

f:id:hitachibana:20210407001318j:image

 

 

鈿女の舞

 天照大神が隠れているところがわかったので、その周りで天鈿女命が舞って、まわりでやんややんやと楽しそうにしています。

 そこで天照大神が天岩戸を少し開けたところで・・・
f:id:hitachibana:20210406203119j:image

 

 

戸取の舞

 手力男命が岩戸をこじ開けて、戸を開ける場面です。
f:id:hitachibana:20210406203048j:image

 

 

御神体の舞

 伊邪那岐(イザナキ)と伊邪那美(イザナミ)の夫婦神がお酒を飲んでいちゃいちゃするシーンです。

 コロナ前はここが最大の盛り上がりになるところでイザナギ、イザナミが神庭から出てきて、お客さんと絡むイベントです。

 夜神楽の中で唯一、神庭から出ることが許される神楽だそうです。

 前回は見事に私が捕まりました(笑)イザナミに抱きつかれます(ました)

 今回はコロナ禍で接触出来ないと、前説の際に説明していました。残念です。

 基本、女役も男性が演じているそうです。


f:id:hitachibana:20210406203110j:image

 一度ぐらい、11月にきて夜通しの33番夜神楽を見てみたいですね。

maps.app.goo.gl

 

 そんな感じ。最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。