すきーやの休日

2018年ANAプラチナ取得。デルタAMEXでスカイチームエリートプラス。マリオットゴールド、ヒルトンダイヤモンドで楽しい休日を過ごす50代陸マイラー。

台湾フルーツ

 こんばんは、早く台湾に行きたいと思っている すきーやです。


f:id:hitachibana:20200330212055j:image

 

 台湾グルメシリーズ、今回はフルーツ編です。台湾には日本で中々食べられないフルーツなど充実しています。そんな訳で台湾に行ったなら、是非食べて戴きたいフルーツを紹介いたします。


f:id:hitachibana:20200330212011j:image

 

 

釈迦頭(しゃかとう)

 

 釈迦頭ってご存知ですか?

 9月頃になると台湾のお店に並びだし、11月~2月が最盛期らしいです。

 バンレイシとも呼ばれていますが、台湾ネタなので釈迦頭でいきます。

 時期になると夜市でも並びますが、他のフルーツに比べてやや高めです。↓は170元=600円ですね。

 カットフルーツではなく、丸ごとしか売ってません。

 見た目はお釈迦様の頭のようですね。それで釈迦頭とついたらしいです。


f:id:hitachibana:20200325081538j:image

 

 黒くなってるのが熟した証拠です。現地ですぐに食べるときは黒っぽいものを選びましょう。

 熟すと1つづつ抜ける感じになります。二つに割って房を取るなり、スプーンですくうなりで食べます。熟したバナナのような食感でかなり甘いです。黒い大きな種があります。

 輸送に適さないので、国内ではほとんど見かけません。最近は冷凍保存で買えるようですが、ふたつで5千円ほどになってます。

 日本への持ち込みはできません。

 台湾に行った際には是非!


f:id:hitachibana:20200325081701j:image

 見た目は微妙ですね。

 

 

鳳梨釋迦(パイナップル釈迦頭)

 

 一般的にはアテモヤというそうです。釈迦頭より甘めが控えめで少し酸味があります。

 釈迦頭よりこっちが好きな人も多いです。沖縄あたりでは見かけるそうですが・・・

 釈迦頭とほぼ同じ9月頃からちらほらと見かけます。

 こちらはカットフルーツで売ってます。食べやすいですしね。

 バナナとパイナップルを合わせたような感じと言われています。


f:id:hitachibana:20200326213830j:image

f:id:hitachibana:20200330081045j:image

 

 

ライチ

 

 5月~6月にかけてはライチがスーパーの店頭に並びます。高雄が5月ぐらい、台北だと6月~7月頭ぐらい。

 ライチの収穫期は1~2週間しかないため、見つけたら、即買いおすすめです。

 日本で見かけるライチとは色が違いますよね。これが日本でよく見かける黒葉と言われる品種です。取れたては鮮やかな色ですが


f:id:hitachibana:20200330080150j:image

 

 収穫して一晩冷蔵庫に入れているとくすんできます。日本には冷凍されて出荷されますので、黒くなっている訳です。


f:id:hitachibana:20200330081317j:image

 

 台湾で収穫されるライチは『黒葉』のほか『妃子笑』『玉荷包』などがあります。

 台北では黒葉しか見かけませんので、他のものは高雄あたりでないと売っていないようです。

 

 最近冷凍技術が発達して瞬間冷凍されたフレッシュなライチが日本でも手に入ります(高いけど)


f:id:hitachibana:20200330124157j:image

 

 生ライチはこんな感じです。伝えにくいですが、凄くジューシーです。手がベタベタになります。


f:id:hitachibana:20200330080206j:image

 ライチの中でも玉荷包といわれる品種はびっくりするぐらい美味しいそうです。今度は高雄のライチ狩りに行ってみたいと思っています。

 

www.myholiday.site

 

 

鳳梨(パイナップル)

 台湾産のパイナップルもお勧めです。

 個人的にパイナップル好きなんですが、台湾産のパイナップルは芯まで食べれます。

 品種や条件が違うのか良く知りませんが、台湾で売っているパイナップルは芯まで柔らかく、カットフルーツも芯が付いたままです。


f:id:hitachibana:20200330124830j:image

 

 スーパー等では小ぶりなもの1個30元=110円ぐらいです。


f:id:hitachibana:20200330125721j:image

 

 そして、パイナップルは日本に持ち帰る事ができます。ライチなど他は持ち込み出来ませんのでご注意ください。

 やり方は以下を。

 

www.myholiday.site

 

 

西瓜(すいか)

 

 台湾のすいかは、日本の物と比べて甘味が少なめです。そのため、スイカジュースで飲むのをお勧めします。600ccで30元程。


f:id:hitachibana:20200330130717j:image

 

 さっぱりしてて、甘さも控えめなのでごくごくいけます(トイレが近くなります)


f:id:hitachibana:20200330130734j:image

 

マンゴー

 

 台湾にはこれ目当てで行く人がいるぐらい破壊力があります。

 マンゴーかき氷で探すと・・・


f:id:hitachibana:20200330131056j:image


f:id:hitachibana:20200330131129j:image


f:id:hitachibana:20200330131144j:image


f:id:hitachibana:20200330131324j:image


f:id:hitachibana:20200330131208j:image


f:id:hitachibana:20200330131234j:image


f:id:hitachibana:20200330131208j:image


f:id:hitachibana:20200330131414j:image


f:id:hitachibana:20200330131430j:image


f:id:hitachibana:20200330131510j:image

 

 凄くたくさんのお店とマンゴーカキ氷がありました。

 多くは語りません。シーズンは4月~10月までです。それ以降は冷凍マンゴーになりますのでお勧めしません。是非、旬に食べましょう。

 

 マンゴーカキ氷のお店紹介は別の機会に書こうと思っています(やっぱりシーズンじゃないとね)

 

 ちなみにこれは年末に高雄で食べた冷凍マンゴーです。
f:id:hitachibana:20200330200152j:image

 

 マンゴーのカットを見ると、フレッシュか冷凍か判断出来ます。食べても分かりますが。
f:id:hitachibana:20200330200734j:image
f:id:hitachibana:20200330200744j:image

カット面がシャープなのがフレッシュのマンゴーですね。

 

 

番茄(トマト)

 

 台湾ではトマトはフルーツです(多分)

 台南の方に行くと、フルーツ店でトマト盆があります。トマトジュースは台北でもありますね。デルモンテのトマトジュースではなく、普通のトマトを絞ったワイルド感があるトマトジュースです(個人的には小さい頃ジューサーで絞って飲んでたトマトジュースでした)

 

 トマト盆はトマトを砂糖入りの生姜醤油で食べます。

 変わった組み合わせですが、トマトの味が濃くて甘いので悪くないです。


f:id:hitachibana:20200330211924j:image

 

 しかしトマトが熟してないと微妙でした。
f:id:hitachibana:20200330212542j:image

 

 はい、これは完全にネタです。正直とても美味しい訳ではないです。

 

 

陳記百果園


f:id:hitachibana:20200330201827j:image

 

 最後に厳選のフルーツショップです。

 日本の千疋屋的なお店です。

 以前日本の豊水(なし)が2000円ぐらいで売ってました。


f:id:hitachibana:20200330202103j:image

 

 ここはフルーツパーラーになっていますので、マンゴーカキ氷やパフェ、カットフルーツ、フルーツジュースなどがあります。


f:id:hitachibana:20200330202145j:image


f:id:hitachibana:20200330212218j:image

 

maps.app.goo.gl

最後までお読み戴きありがとうございます。